ワキの黒ずみで恥ずかったレビュー(おばさん談)

アトピー性肌炎がワキに出ていた瞬間があったので、当然のようにワキに黒ずみがあります。ちょうど学生時代に因習が変化した瞬間もあったのか、ワキから湿疹が出るようになりました。あまりにも手強いかゆみに耐え切れずにかいてしまったのでできるだけ悪化ししてしまい、販売薬で誤魔化そうとしたのが裏目に出て、肌科に行った時折患部が激しく広がって腫れ上がって掛かる手入れでした。きつめの薬を処方してもらって直ちにプツプツは引いたのですが、代わりに残るのがワキの大きな黒ずみでした。
ワキは制服の夏服や半袖のトップスやシャツなどで包み隠すこともできますが、夏場の体育のコースでクラブがあるのが悩みでした。アカデミースイムウェアの性質上、なんだかワキが見えてしまうのでなるべくワキをあげないように苦心した覚えがあります。泳ぐときもかなり恥ずかしかっただ。当時はスパに行こうという想像もなかったので、しげしげと黒ずみの悩みに耐えるばっかりでしたが、今ではスパに通ったりビタミンCを飲んでシミ大作をするなど各種人肌のホワイトニング方式が出来ているので、皆楽しみながらビューティー白の道路を追求してある。あきらめなかったおかげで黒ずみも薄くなってきました。チワワ寿命.com